遥か彼方の2062年から、疾風の如く現れ、稲妻の如く指を躍らせ書き殴り、煙のように姿を晦ます。2062年から来た男が登場すれば、いつだって2062スーパーカーニヴァルの開幕だ。
 
2ちゃんねるオカルトカテゴリーは、当然の如くサーヴァーダウンする。運営は慌てふためき、10分規制。勢いランキングでは、2062スレッドがトップ10に4つランクイン。2062未来人の偽者が登場するとウワサが広まっただけで、グーグルトレンドランキングは、清原を抑え1位に君臨し続ける。※画像をクリック。そんなエクストリームな現象を引き起こす、とってもクレイジーな奴。
それが2062年から来た男だ。
 
これまで、数々のハイレヴェルなフューチャーストーリー。2062年の男が、一言発言するごとに、誰もが生唾を飲み、目を輝かせ、勝手に心が躍りだす。気付いた時には、時既に遅し。誰もが、2062ワールドへのめり込み、ディープな2062ギークと化すのだ。
 
2062年未来人が尊敬する人は、志村けん。
2062年未来人が尊敬する人は、志村けん。
 
2062年未来人のファンは、小中学生からお年寄りまで幅広い。政治家や芸能界にも、ファンが存在し、2062伝説として噂が広がりつつある。
 
そんな、数々の伝説を叩き出している、2062年から来た男の、今までの軌道を、簡潔にわかりやすく説明しよう。
 
 

2010年の書き込み


リンク先は2ちゃんねるの過去ログを管理しているログ速

2011.3.11 山に登れ発言

 

2016.4.15 また会えたらいいな発言

2011年の書き込み


  • 2011年7月22日 No.752からトリップ◆wbBrH1aGfMで登場
  • 2011年7月23日 No.848からトリップ◆wbBrH1aGfMで登場
  • 2011年7月24日 No.950からトリップ◆wbBrH1aGfMで登場したが、ハックされてしまい、トリップを◆GqwAR6gt9wに変更
  • 2011年7月25日 No.21からトリップ◆GqwAR6gt9wで登場
  • 2011年7月26日 No.125からトリップ◆GqwAR6gt9wで登場

リンク先は2ちゃんねるの過去ログを管理しているログ速

2016.4.15スレッド乱立に困惑発言

2012年の書き込み


リンク先は2ちゃんねるの過去ログを管理しているログ速

謎の英数字列を残し去る

2013年の書き込み


リンク先は2ちゃんねるの過去ログ

ボリスザセイバー出動させ、2109年へダイヴ

2016年の書き込み


  • 2016年4月15日 トリップ◆GqwAR6gt9wで登場で登場するも、スレッド乱立および、あまりの流れの速さでまったく書き込めず困惑する。
  • 2016年4月17日 混雑を避ける為、トリップ◆GqwAR6gt9wで自らスレッドを作り登場
  • 2016年4月17日 他のスレッドにも、トリップ◆GqwAR6gt9wで登場し、住民との交流を図り、2016年を楽しむ様子が伺える
  • 2016年4月18日 トリップ◆GqwAR6gt9wで登場し、第六暗号メッセージを残し去っていく

リンク先は2ちゃんねるの過去ログ及び必死チェッカーもどき

第六暗号を書く

 

Mr.ジャガーのLINEでも受け取れる

今後のダイヴ予定年月日


  • 2016年7月16日(土)夜

震災や事件は何も無いので、煽って世間を不安にさせないことだ

 
 
 

「クギヅケ!2016年大警告スペシャル」※2016年1月10日放送


もはや、メディアも放っておけないらしい。2062年から来た男が、聖徳太子に並び「クギヅケ」というテレヴィジョンに取り上げられてしまった。これも摂理であり想定内の出来事だ。そして、あのキング・オブ・オカルトの異名を誇る、オカルト界の重鎮、「山口敏太郎」氏が、丁寧に解説をしてくれている。山口敏太郎氏と言えば、2062年には、アメリカ合衆国のマンハッタンに所在する、「ワールドオカルト記念館」に、銅像そして自画像、数百にも及ぶ出版物も置かれ、世界中のオカルト研究者は、誰もが尊敬している巨匠的存在であり、世界的に有名な偉人である。とても光栄なことだ。

 

 
 

「サンデー・ジャポン」※2016年5月22日放送


またしても、2062年から来た男が「サンデー・ジャポン」と言う粋な名前のテレヴィジョン番組に取り上げられている。これも想定内の出来事であり、摂理である。2062年では、大物司会者、そして大女優でもある、「藤田二コル」が、自ら説明してくれているではないか。これは光栄な事だ。そしてなんと、2062年の各国首脳陣が注目し、重要人物として注視している、世界の「TAKIZAWA」(滝沢カレン)も、2062年から来た男に、“気付いている”ではないか。なぜ注視しているかは、ここで話せないが、いずれわかる時が来るであろう。
そして、2062年未来人に成りすました、偽者の新井による謝罪の説明もされている。
 
 

週刊誌 SPA! 2016年5月3日・5月10日合併号 (2016年4月26日発売) 今週の顔/ 2062年から来た未来人の真偽を検証する!


テレヴィジョンは勿論の事、週刊誌も2062年未来人を避けては通れないでいるようだ。もはや、隠すことが出来ない存在、それが2062年から来た男だ。この週刊誌の内容は、2062年から来た男が、今週の顔としてトップ記事になっている。内容は主に、2人の精鋭による専門的分析による記事だが、やはり戸惑いを隠せないでいる。そして、残念な事に、2062年未来人の偽者で、先日大々的に謝罪を行なった、関西の新井の書き込み内容が、半分ほど占めていた為、SPA編集者は関西の新井(2062年未来人の偽者)に踊らされたようである。